Apple

Macbook pro retinaの画面コーディング剥がれをAppleに修理してもらいました。

サブマシンとして使っていたMacbook pro Retina(early 2015)の画面に擦れているような傷がついているなあと気になったので調べてみたところ、「コーティングの剥がれ」という問題がどうやら同機種で結構起きているようです。

この問題はAppleでも把握しているようで、無償修理の対象だったので修理していただきました。その流れをメモしておきます。

Macbook pro修理の流れ

Appleに電話する

まずAppleに電話をします。

そのときにサポートの方に聞かれるので、以下の情報は準備しておきましょう。


自分の名前
電話番号
Macbookのシリアルナンバー
症状の説明
自宅の住所(集荷のため)
メールアドレス

Macbookを送る

Macbookが無償修理の対象であれば、無事申し込みは完了です。

伝えた住所まで、集荷にきてくれます。このとき特に包装や付属品は必要ありません。

進捗を確認する

これは気になれば、なのですが、修理の進行状況はメールで送られてくる専用のURLをひらけばウェブサイトで確認することができます。

Macbookを受け取る

無事到着です。

新品になったディスプレイ、最高です。

ABOUT ME
おふろ
おふろ
そこそこのポンコツ。最近の目標はやさしくなることと、少し太ること。普段写真好きなWEBディレクター。